国民民主党県連設立大会で次期衆院選、参院選に向けて気勢をあげる所属議員ら=16日午後、宇都宮市内

 国民民主党県連は16日、宇都宮市内で設立大会を開いた。所属議員や支援者ら約90人が参加。旧国民県連に引き続き県連代表に就いた斉藤孝明(さいとうたかあき)県議は「もう一度政策で皆さんの生活を前に進めるべく、全力を挙げる」と話し、次期衆院選での勝利と党勢拡大に向け結束を呼び掛けた。

 国民の県連組織は、2020年9月に旧立憲民主党と旧国民の合流協議に伴い解党して以降はなかった。斉藤代表らは今年2月に設立準備会を設置し、党本部との調整を進めてきた。参加議員は県議1人、市議8人、町議1人の計10人。