宇都宮大の教員や県内PTAらで運営する「とちぎに夜間中学をつくり育てる会」は、高齢者や外国人、不登校児童生徒らの学び直しの場として準備を進めてきた「自主夜間中学」の開校式を、8月8日に行うと決めた。賛同者が増えたことで運営の見通しが立ち、当初予定の9月開校から前倒しした。7月に宇都宮市と小山市で入学説明会を計4回開き、多様な学びのニーズを掘り起こす。

 入学説明会は個別相談会と併せて、7月の毎週日曜日に開く。4、18、25日は宇都宮市中央生涯学習センター、11日は小山市の白鴎大で予定している。事前申し込みは必要ない。