自治体の首長らが先行して新型コロナウイルスワクチン接種を受けていたことについて、福田富一(ふくだとみかず)知事は14日の臨時記者会見で「臨機応変な対応は必要」との考えを示した上で「いつの間にか打っていたということが問題。いち早く住民に知らせ、理解を得る努力は必要だ」とくぎを刺した。

 福田知事は、接種予約のキャンセルによりワクチンが無駄になる課題を指摘。自身の接種については、居住する宇都宮市からの通知を待っている状況だとし「慌ててやるつもりはない。打つ際には皆さんに連絡したい」と話した。