新型コロナウイルスの感染状況をにらみながら紙面作りに取り組む日々が続いている。特に悩ましいのがレジャー関係の記事の在り方だ。

 先月29日付紙面では、大型連休に合わせて県内の観光スポットを特集。「3密避け新緑満喫」というタイトルで、ウオーキングとサイクリング、ドライブのお薦めコースを紹介した。ただ、東京都と関西3府県に緊急事態宣言が出された直後とあって正直、読者からの批判もあるのではないか、と身構えていた。

 もちろん感染予防には「ステイホーム」による自粛は大切だ。しかし制約ばかりでストレスをため込めば、家庭内暴力やアルコール依存などの問題が起きる恐れは高まる。状況を見極めながら、適度に外出して気分転換することも重要だ。

 ワクチン接種はなかなか進まず、変異株拡大もあり、コロナ禍の収束はまだ見通せない。そうした状況下で、心身の健康を維持するにはどうしたらいいのか。自らもストレスを抱え過ぎないよう自戒を込めつつ、有益なくらしの情報をお届けしたい。