「賃上げの流れ強めたい」 連合・神津会長が栃木県来県

 連合栃木など主催のフォーラムに出席するため来県した連合の神津里季生(こうづりきお)会長は27日、宇都宮市内で記者会見し、今春闘について「昨年はベアに相当する部分の賃上げ率は連合集計で、中小が大手を上回った。この流れを強めたい」などと語った。

 今国会で議論されている働き方改革関連法案については「向きが違うものまで一緒くたにされている点で問題」と指摘。一部の専門職を労働時間規制の対象外にする「高度プロフェッショナル制度」の導入などを進めることを批判した。

 神津会長は27日、宇都宮市内で開かれた「連合栃木2018地域フォーラム」に出席した。