御来光を臨む登山者=2019年8月1日午前5時

 【日光】山内の日光二荒山神社は13日までに、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、8月に奥日光の同神社中宮祠で予定していた「男体山登拝講社大祭」(登拝祭)の中心行事である男体山の夜間登山を昨年に続いて中止することを決めた。7月31日に神職や地元関係者による神事だけを執り行う。

 登拝祭は例年、7月31日~8月7日に実施。8月1日午前0時に登拝門が開門され、多くの人が山頂を目指す。

 感染拡大防止に加え、今年は東京五輪を控えるため、登山者らの安全を守る自衛隊や警察などの協力が得られにくいとして、夜間登山を見送った。

 「扇の的弓道大会」など期間中の関連行事も中止となるが、日中の登山や参拝は通常通り受け付ける。

 同神社は「御来光などを楽しみにしている人がいる中、今年も中止となり申し訳ない思い。通常の参拝や登山はできるので感染防止に気を付けてお越し頂きたい」とした。