ユーチューブで配信している特番の一場面

 【鹿沼】市内を拠点に活動する音楽団体「さつきドリーマーズ」は16日まで、新型コロナウイルス禍で中止した3月のスプリングコンサートの代替映像を動画投稿サイト「ユーチューブ」内のチャンネル「さつきドリーマーズ」で配信している。

 コンサートは例年、市民文化センターで開催している。2年連続で中止となったが、多くの人に音楽や芸術を楽しんでもらいたいと動画配信を企画した。

 動画は約75分。昨年12月にオンラインで開かれた全国大会の映像や練習の様子、ファン感謝祭などの撮影・編集をメンバーやスタッフが分担した。

 さつきドリーマーズは2002年に発足。14年からはマーチングバンドとバトントワーリングの2部門になり、幼稚園・保育園児から社会人までの計約70人が活動している。

 同団体マーチングバンドの藤平昌寿ふじ(ひらまさとし)代表(47)は「コロナの影響でメンバーも思い切り活動できず、一般の人に見てもらう機会もなかった。今回はぜひ見てもらいたい」と話した。