3日午前0時25分ごろ、壬生町至宝3丁目の県道で、宇都宮市、無職男性(84)が乗用車にはねられた。男性は頭を強く打ち、同日午後11時30分ごろ、搬送先の病院で死亡した。乗用車はそのまま逃走した。

 栃木署は同日午後、自動車運転処罰法違反(過失傷害)とひき逃げの疑いで、乗用車を運転していた栃木市、会社員の男(29)を逮捕した。

 同署によると、調べに対し「何かにぶつかったが、人だとは思わなかった」などと供述しているという。現場は片側2車線の直線道路。