初優勝を飾り喜ぶ宝木ファイターズナイン=石川スポーツグラウンドくろいそ

優勝した宝木ファイターズ

準優勝の足利南クラブ

初優勝を飾り喜ぶ宝木ファイターズナイン=石川スポーツグラウンドくろいそ 優勝した宝木ファイターズ 準優勝の足利南クラブ

 学童野球の第14回ガスワンカップ県選手権大会は8日、那須塩原市の石川スポーツグラウンドくろいそで決勝を行い、宝木ファイターズ(宇都宮)が足利南クラブ(足利)を3-0で下し、初優勝を飾った。

 初の決勝進出同士の対決は、宝木ファイターズが四回1死三塁から丸山優(まるやまゆう)(宝木)の内野ゴロの間に先制。五回には2死二、三塁から日比大晴(ひびたいせい)の右前への2点適時打で加点した。

 足利南は小島颯人(こじまはやと)(足利南)、須田凌央(すだりょお)(矢場川)の継投で3点に抑えたが、打線が援護できなかった。

 両チームは、9月11、12日に埼玉県で開催されるガスワンカップ選手権大会に本県代表として出場する。