地元自治会が整地した斜面で見頃を迎えたシャクナゲ

斜面には散策路も整備された

刈り払った雑木を片付ける住民ら

地元自治会が整地した斜面で見頃を迎えたシャクナゲ 斜面には散策路も整備された 刈り払った雑木を片付ける住民ら

 【足利】小俣町の今宮神社境内で下濁沼(にごりぬま)町自治会(大川定夫(おおかわさだお)会長)が植樹したシャクナゲ約160本が見頃を迎えた。藪(やぶ)が生い茂りイノシシやアナグマも出没していた敷地を住民らが整地し、憩いの場に生まれ変わらせた。

 同自治会は休耕田や用水路沿いにシダレザクラやカラーを植樹するなど、住民が継続して地域の景観整備に取り組んでいる。