9回、本塁を狙った相手走者にタッチする栃木GBの秋庭(中央)=小山運動公園野球場

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は9日、小山運動公園野球場で茨城と対戦し、九回に3点を奪って7-6で逆転サヨナラ勝ちした。今季初の4連勝で通算8勝1分7敗とし、2位に浮上した。

 栃木GBは二回に佐々木斗夢(ささきとむ)の右翼線への適時三塁打で先制したが、投手陣が中盤に3本塁打を浴びるなどして逆転を許した。それでも六回に叺田本気(かますだもとき)の適時内野安打などで2点、七回も秋庭蓮(あきばれん)の中越え適時二塁打で1点を返して追い上げた。

 2点差で迎えた九回は無死一、三塁から斎藤尊志(さいとうたかし)の左中間への2点適時三塁打で同点。その後2四球で無死満塁とし、最後は長南有航(ちょうなんゆうこう)が中前に運んで勝負を決めた。

 次戦は12日午後6時から、同球場で神奈川と対戦する。