サッカーの天皇杯県予選を兼ねた「NEZASカップ第26回県サッカー選手権大会」(県サッカー協会主催、下野新聞社など共催)は9日、県グリーンスタジアムで決勝を行い、1-1からのPK戦5-3で栃木シティFC(関東1部)がFC CASA FORTUNA OYAMA(県社会人1部、FCカーザ)を下して優勝し、3大会連続12回目の天皇杯出場を決めた。

 栃木シティは0-0からの延長前半に先制点を奪われたが、同後半にDF山下宏輝のゴールで同点に追い付いた。PK戦では途中出場のGK朴昇利が相手2人目のシュートを止め、5人全員がゴールを決めた。初優勝を目指したFCカーザはDF藤原亮太のシュートで先制したが、あと一歩及ばなかった。

 栃木シティは22日午後1時から、同スタジアムで行われる天皇杯1回戦で山梨県代表と対戦する。