通算6アンダーの33位に踏みとどまった阿部=西那須野CC

通算4アンダーで53位に順位を上げた阿久津=西那須野CC

石川遼のティーショットを見守る高校ゴルブの生徒

通算6アンダーの33位に踏みとどまった阿部=西那須野CC 通算4アンダーで53位に順位を上げた阿久津=西那須野CC 石川遼のティーショットを見守る高校ゴルブの生徒

 プレーヤーズチャンピオンシップ・サトウ食品第3日(8日・西那須野CC=7036ヤード、パー72)ツアー13勝目を狙う48歳の宮本勝昌(みやもとかつまさ)が1イーグル、4バーディー、3ボギーの69にまとめ、通算15アンダーの201で単独首位を守った。

 68で回った浅地洋佑(あさぢようすけ)と、70だった高山忠洋(たかやまただひろ)が2打差の2位。66を出した時松隆光(ときまつりゅうこう)、67の石川遼(いしかわりょう)が清水大成(しみずたいせい)らとともに通算12アンダーで4位に並んだ。賞金レーストップを走る金谷拓実(かなやたくみ)は11アンダーの9位、今平周吾(いまひらしゅうご)は9アンダーの20位にいる。

 本県関係では阿部裕樹(あべひろき)(佐野日大高-日大)がこの日70で回り33位、阿久津未来也(あくつみきや)(作新高-日大)も70とスコアを伸ばし53位。(出場73選手、晴れ、気温23・5度、南の風2・9メートル、無観客)