5回1死満塁で左越え2点適時二塁打を放つ栃木GBの大坪=新潟県南魚沼市のベーマガSTADIUM

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は8日、新潟県南魚沼市のベーマガSTADIUMで新潟と対戦し、6-0で今季初の完封勝ちを収めた。3連勝で通算成績は7勝1分け7敗となり勝率は5割に復帰。順位は東地区3位のまま。

 栃木GBは投打がかみ合った。四回に暴投と新山進也(にいやましんや)の右犠飛で2点を先制。五回は3四球で1死満塁とし、4番大坪亮介(おおつぼりょうすけ)の左越え2点適時二塁打でリードを拡大した。九回は長南有航(ちょうなんゆうこう)の適時二塁打で2点を追加。効率良く6点を奪った。

 守っても、新戦力の先発村中恭兵(むらなかきょうへい)が加入後最長となる7回を投げ5安打無四球無失点。八回以降はダニエル、相葉拓夢(あいばたくむ)の継投で得点を許さなかった。

 次戦は9日午後1時から、小山運動公園野球場で茨城と対戦する。