愛称が「リアンビレッジ矢板」に決まったとちぎフットボールセンター

 【矢板】末広町のとちぎフットボールセンターの愛称が、ネーミングライツ(命名権)によって「リアンビレッジ矢板」と決まった。同センターを管理運営するNPO法人たかはら那須スポーツクラブと、住宅リフォームなどのリアンコーポレーション(宇都宮市)が命名権契約を結んだ。

 同クラブによると、愛称は施設の環境向上などにつなげようと募集した。契約料は年間300万円。期間は今月1日から2年間。