AIピッキングシステムを搭載したロボット「キャリー」

 製造や物流向けロボットシステムを手掛けるオフィスエフエイ・コム(小山市楢木(ならのき)、飯野英城(いいのひでき)社長)は、形が一定でない物体などを識別して適切につかみ上げる移動式架台一体型ロボット「KaRy(キャリー)」を、エレクトロニクス商社のカナデン(東京都中央区)と共同で開発した。食品の仕分けや弁当の箱詰め作業などに威力を発揮するとしている。