高校・中学3年男子の部で初優勝した佐野日大高の康=塩原CC

高校・中学3年女子の部で2回目の優勝を飾った文星女高の横山=塩原CC

高校・中学3年男子の部で初優勝した佐野日大高の康=塩原CC 高校・中学3年女子の部で2回目の優勝を飾った文星女高の横山=塩原CC

 第29回栃木県ジュニアゴルフ選手権大会(下野新聞社など後援)は5日、那須塩原市の塩原CC(パー72)で行われ、高校・中学3年男子の部(6981ヤード)は昨年の県知事盃一般男子の部を制している康翔亮(こうしょうすけ)(佐野日大高)が初優勝を果たした。

Web写真館にほかにも写真

 昨年は新型コロナ感染拡大の影響で中止となった大会。この日は午後からはあいにくの雨となったが、高校、中学生51選手が参加し、熱戦を展開した。

 康はパットが18ホールで23パットと絶好調。グリーンを外してもパーを拾い続け3バーディー、2ボギーの1アンダー71にまとた。2打差の73には中川虎ノ介(なかがわとらのすけ)(作新高)と松澤虎大(まつざわこてつ)(佐野日大高)が並んだが、大会規定で中川が食い込んだ。

 同女子(6253ヤード)は横山珠々奈(よこやますずな)(宇都宮文星女高)が3バーディー2ボギー1ダブルボギーの1オーバー73とし、2度目の優勝を飾った。

 中学1、2年生の部は男子が、粂谷海翔(くめがいかいと)(栃木東中)、女子が二渡行夏(ふたわたりあんな)(佐野高付属中)がそれぞれ王座に就いた。