初回、佐野日大の岡佐が走者一掃の適時二塁打を放つ。捕手・真木=県営

優勝した佐野日大

初回、佐野日大の岡佐が走者一掃の適時二塁打を放つ。捕手・真木=県営 優勝した佐野日大

 第74回春季県高校野球大会兼第73回春季関東地区大会県予選最終日は6日、県営球場で決勝を行い、佐野日大が13-10で作新学院を下し、2019年の前回大会に続き2大会連続、6度目の優勝を果たした。

    ◇    ◇

 打率4割超の強力打線が序盤に爆発し、5試合連続2桁安打となる13安打13得点で頂点に立った佐野日大。麦倉洋一(むぎくらよういち)監督は「初回に大量得点で流れに乗ることができた」と勝因を挙げた。