野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は4日、栃木市のとちぎ木の花スタジアムで神奈川と対戦、9-8で今季初のサヨナラ勝ちを収めた。通算成績は5勝1分け7敗、順位は東地区最下位のまま。

 栃木GBは最大6点差を逆転した。先発内林瑞貴(うちばやしみずき)が三回までに本塁打3本を浴びるなどし、8失点の大乱調。打線も満塁の好機をつくりながらも思うように得点できず、序盤は波に乗りきれない展開が続いた。

 四回から登板した2番手の相葉拓夢(あいばたくむ)が3回を無失点に抑えると、五回に2点、七回に1点を返し反撃ムード。3点を追う九回は佐々木斗夢(ささきとむ)の左前適時打で同点に追い付き、さらに1死満塁から青木玲磨(あおきれいま)の内野安打でサヨナラ勝ちを決めた。

 次戦は5日午後1時半から、福島県南会津町のびわのかげ総合運動公園野球場で福島と対戦する。