首都圏映画館や雑誌でPR 移住・定住促進で日光市

首都圏映画館や雑誌でPR 移住・定住促進で日光市

 【日光】市内への移住・定住を促進するため、市は1日から、雑誌や首都圏の映画館などで日光の情報発信事業を順次展開する。移住者らの声を記事や映像で紹介していく。

 市は今春、生き生きとした市民の暮らしや子育ての様子を伝える映像「MOMENT~鼓動する日光」を作製。インターネットなどを通じて配信しているが、さらなるアピールのため今回の取り組みを進める。

 主な事業は四つ。1日からは、大手出版社のウェブマガジン「コロカル」に市の特設ページを作り、市内へ移住・Uターンした人を取材した記事を4回にわたり掲載。来年1月5日発行の雑誌「ソトコト」でも同様の特集を組む。

 15~29日には東京都内の「新宿バルト」「TOHOシネマズ有楽町」と宇都宮市の「MOVIX宇都宮」の映画館3カ所で、30秒間の映像を上映する。これに合わせ、都営地下鉄各線には今後1年間、映像視聴を促すつり革広告を出す。