県内上場企業の新卒採用の実績と計画

 下野新聞社は3日までに、県内の上場企業20社を対象とした新卒採用に関するアンケートを実施した。今春の採用実績と比較した2022年4月入社の採用方針は、「増やす」が前年調査から3社増となる9社、「減らす」が1社減の1社、「前年並み」は2社減の10社だった。採用計画で新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けていると答えた社は1社にとどまった。コロナ禍でも将来を担う人材の確保などを理由に新卒採用へ積極的な企業の姿勢が表れた。

 「増やす」と回答したのはレオン自動機とコジマ、グランディハウス、元気寿司、タツミ、大日光・エンジニアリング、藤井産業、フライングガーデン、ティビィシィ・スキヤツト。