ぬくもりのある作品が並んだ陶器市

 【那珂川】ゴールデンウイーク恒例の「小砂(こいさご)焼 春の陶器市」が2、3の両日、小砂の藤田製陶所入り口で開かれた。

 新型コロナウイルス感染症の影響で昨年は春、秋とも中止され、感染防止対策を講じた上で2年ぶりの開催となった。感染状況から参加を見送る窯元もあったが、四つの窯元がぬくもりのある食器、花器など計約700点を展示販売した。