谷口洋幸教授

 同性婚と憲法を巡る議論がある中、青山学院大法学部の谷口洋幸(たにぐちひろゆき)教授=国際人権法、ジェンダー法=に現状などを聞いた。「憲法は同性婚を否定も肯定もしていない」と指摘。国が同性婚を認める法制度をまず整え、国民の理解を促すことが重要との見解を示した。

 憲法24条は「婚姻は両性の合意のみに基づく」と定めている。

 谷口教授は「憲法も民法も全て男女婚しか前提としていない。同性婚については何も考えられていない」と述べた。「考え方は、言葉にとらわれない。『両性』が『両当事者』との意味で捉えるべきだという方向へ変わっていく可能性がある」と説明した。