四回二死満塁のピンチを迎えて声を掛け合う栃木GBの堀越(右)と大坪=佐野市運動公園野球場

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は2日、佐野市運動公園野球場で新潟と対戦し、0-3で今季初の完封負けを喫した。連勝は2でストップし、通算4勝1分け7敗。順位は東地区最下位の4位のまま。

 制球の定まらない栃木GBの先発堀越歩夢(ほりこしあゆむ)が、毎回走者を背負う苦しい展開。三回に先制点を奪われると、四回には2死満塁から2者連続の押し出しを与えた。

 打線は序盤から低調で、二回に1死一、二塁の好機をつかむが後が続かず。六回は先頭打者の若松聖覇(わかまつせいは)が中越えの二塁打を放ったが、後続が三者凡退に打ち取られた。

 5回3失点で降板した堀越の後は、相葉拓夢(あいばたくむ)ら3投手の継投で新潟の追加点を阻んだ。しかし最後まで打線がつながらず、九回1死一、二塁から代打攻勢をかけたもののあと1本が出なかった。

 次戦は4日午後1時から、栃木市のとちぎ木の花スタジアムで神奈川と対戦する。