献血の呼び掛けのために集まったご当地ヒーローら=那須塩原市材木町

 新型コロナウイルスの感染拡大で全国の赤十字血液センターが献血者の確保に苦慮する状況が続く中、那須塩原市のご当地ヒーロー「ナスライガー」が協力者集めに“活躍”している。6年前から地元で活動。昨年度の献血協力者は800人超となった。これに触発された首都圏などのご当地ヒーローも各地で献血PR活動を行うようになり、社会貢献の輪が全国に広がっている。

 「献血へ協力を」。3月下旬、同市内の大型量販店前で、ナスライガーをはじめとしたご当地ヒーローやキャラクター12人がのぼり旗を手に呼び掛けた。中心に立つのは、白いマスクと胸の赤い「R」の文字が特徴のナスライガー。「献血を通して誰もがヒーローになれる」と訴えた。