野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は1日、鹿沼市のヤオハンいちごパークで群馬と対戦し、4-3で競り勝ち今季初の連勝を飾った。通算4勝1分け6敗で順位は東地区最下位の4位のまま。

 栃木GBは0-1の二回に打線がつながった。長南有航(ちょうなんゆうこう)の四球に失策が絡み無死三塁とし、佐々木斗夢(ささきとむ)の左前打で同点。さらに1点を加えた直後に新山進也(にいやましんや)が右越え2点本塁打を放ち、この回一挙4点を奪った。

 四回に2点を返されたが、五回以降は村中恭兵(むらなかきょうへい)、山田綾人(やまだあやと)ら4人のリリーフ投手が5回を無失点で踏ん張り、1点差で辛くも逃げ切った。

 次戦は2日午後1時から、佐野市運動公園野球場で新潟と対戦する。