「1年かけて勢力再結集」 民進栃木県連の福田代表講演

 民進党系の衆院議員でつくる新会派「無所属の会」国対委員長で同党県連代表の福田昭夫(ふくだあきお)氏は29日、宇都宮市内で講演し「1年くらい時間を掛けて保守中道、リベラル勢力を再結集し、国民の負託に応える政党にしたい」との考えを明らかにした。

 福田氏は希望の党を巡る一連の騒動を謝罪。衆院、参院、地方組織を含めて民進党が維持されることを改めて説明した。衆院選に栃木1区で出馬した渡辺典喜(わたなべのりよし)氏も出席し、同党県連1区総支部長として活動を継続する意向を示した。