広大な敷地にずらりと並ぶ競りに掛けられる建機=27日午後、小山市

約800人収容のオークション会場=27日午後、小山市粟宮

広大な敷地にずらりと並ぶ競りに掛けられる建機=27日午後、小山市 約800人収容のオークション会場=27日午後、小山市粟宮

 荒井商事(神奈川県平塚市、荒井亮三(あらいりょうぞう)社長)が小山市粟宮などの会場で開催している建機のオークションが4周年を迎え、記念オークションが27日開かれた。4年前は出品767台だったが、この日はその2・4倍に当たる過去最多の1856台の出品があり、国内最大級の規模に成長した。コロナ禍でも実績は堅調に推移している。

 同社の建機オークションはもともと、バン・トラック部門の一部としての扱いだった。4年前から建機部門として独立し、昨秋からは農機も取り扱っている。建機・農機専用のオークションを毎週開催しているのは国内で同社のみという。世界でも珍しい。