色とりどりの花が咲き誇る会員の庭

 【下野】「しもつけオープンガーデンクラブ」(長田恭子(ながたきょうこ)代表)は今月から、会員の庭を一般公開する「オープンガーデン」を開催している。9人の庭を6月13日まで順次公開する。

 同クラブは2018年2月に設立。市の市民活動補助事業の認定を受け、同年にオープンガーデンを始めた。

 今月25、26の両日は、小金井4丁目の菅井貞雄(すがいさだお)さん(70)が自慢の庭を公開。種から育てたパンジーやネモフィラ、ゼラニウムなど色とりどりの約40種類が咲き誇り、市内外から訪れた人たちが観賞した。菅井さんは「庭を公開するのは初めて。たくさんの人が来てくれて、お話しするのも楽しかった」と話した。

 公開日と家の場所は同クラブのホームページに掲載されている。