衆院選に無所属で当選した岡田克也(おかだかつや)元副総理ら民進党系の衆院議員13人が26日、衆院の新会派「無所属の会」を衆院事務局に届け出た。

 岡田氏が代表を務め、衆院では立憲民主党、希望の党に次ぎ野党で3番目の勢力となる見込み。福田昭夫(ふくだあきお)氏は国対委員長に就き、衆院議院運営委員会にもオブザーバー出席する見通し。

 届けを提出した福田氏は、下野新聞社の取材に「無所属ではしっかりとした国会活動ができない。政府をチェックする役割を果たすための会派」と意義を説明。また、民進党と立憲民主党の党綱領は同じであるとした上で「いずれは連携する可能性があり、つなぎ役になる」と述べた。

 また、福田氏は同日の衆院各派協議会に出席。自民党に対し、臨時国会の冒頭で衆院が解散されたことを踏まえ、国会審議の場を設けることなどを求めた。