【とちぎ衆院選】「有権者は政権安定望んだ」 福田知事

 福田富一(ふくだとみかず)知事は23日、県庁で記者団の取材に応じ、与党が大勝した衆院選について「政党と候補者への理解に時間がかかる選挙だった。政権安定を望む有権者が多かったことの表れではないか」と話した上で、憲法改正や消費税増税、森友・加計学園問題に対する丁寧な説明の重要性を述べた。

 選挙期間中、福田知事は激戦区の2区を中心に自民候補の応援に入った。無党派層の支持が対立候補に流れたことを敗因に挙げ、「各政党候補者や議員も無党派層に目を向けて活動しないと、いくら組織票を固めても選挙に勝てないことを証明した」と説明。「一対一の構図の中で強引な政権運営に対する批判票も掘り起こされたのではないか」と話した。

 また、比例代表を含め本県関係の当選者に対しては「地域の声に耳を傾け、国民に寄り添ってほしい」と期待した。