関東財務局宇都宮財務事務所は28日、4月判断の県内の経済情勢報告を発表した。

 新型コロナウイルス感染症の影響で「厳しい状況にあるものの、緩やかな持ち直しの動きが続いている」として、総括判断を据え置いた。2月に本県で国の緊急事態宣言が解除されたことを踏まえ、1月の前回判断に比べ「改善傾向にある」としつつも、上方修正は見送った。