青空に向かって咲く鮮やかなルピナス

 【栃木】惣社町の国府公民館南側の休耕地で、紫や青、ピンクなど色鮮やかなルピナスの花が見頃を迎えている。地元の住民有志らが育てたもので、今年は大型連休に満開を迎え、5月中旬まで楽しめるという。

 ルピナスは北米原産でマメ科。フジの花を逆さにしたように空へ向かって咲くことから、「昇り藤」とも呼ばれる。花穂は大きいもので50センチほどになり、甘い香りが漂う。