保存会に入会した蓼沼さん(左)と丸山さん

例大祭祭に奉納された太々神楽

保存会に入会した蓼沼さん(左)と丸山さん 例大祭祭に奉納された太々神楽

 【下野】下古山の星宮神社の太々神楽保存会(小林正知(こばやしまさとも)会長)にこのほど、下古山、専門学校生蓼沼幸恵(たてぬまさちえ)さん(18)と壬生町上田、会社員丸山智世(まるやまともよ)さん(30)が入会した。江戸時代から続くと伝わる太々神楽の保存会に女性会員が誕生したのは初めて。小林靖(こばやしやすし)宮司(58)は「若い女性が入ってくれて頼もしく感じている。神楽のイメージアップにつながる」と女性神楽師の卵に期待を寄せている。

 蓼沼さんは日本書紀などの日本の歴史が好きで、太々神楽に興味があったという。受験が終わり余裕ができたため、昨年末、保存会に入会した。