職員から花束を受け取る石坂市長(左)

職員らに出迎えられ、初登庁する石坂市長

職員らに出迎えられ、初登庁する石坂市長 職員から花束を受け取る石坂市長(左)

 【真岡】任期満了に伴う25日の市長選で再選を果たした石坂真一(いしざかしんいち)市長が27日、初登庁した。快晴の空の下、庁舎2階の屋外スペース「もおかテラス」で市職員や市議、支持者ら約400人が出迎えた。

 石坂市長は「結果的に厳しい選挙戦になったが、皆さん方にご理解を頂き当選することができた。真岡市に『住んでよかった』『移り住みたい』と思っていただけるようなまちづくりを進めていく」とあいさつした。

 続く部課長への初訓示では「10年後、20年後の真岡市をつくり上げる4年間だと思っている。幹部の皆さんに特に若い職員の意見を吸い上げてもらい、活力ある真岡をつくっていきたいと考えている。新たなステージが成功するようご協力をお願いする」となどと呼び掛けた。