剣道女子個人決勝 小山の高木が攻め立てる=ユウケイ武道館

高木海優

荒井孝征

剣道女子個人決勝 小山の高木が攻め立てる=ユウケイ武道館 高木海優 荒井孝征

 栃木県高校総体は26日までに、宇都宮市のユウケイ武道館ほかで剣道の男女個人、ソフトテニス男女個人、空手道男子の各種目を行った。

 剣道女子決勝は延長戦の末に、高木海優(たかぎみゆう)(小山)が高松由来(たかまつゆら)(同)にメンを決めて優勝。男子は荒井孝征(あらいこうせい)(佐野日大)が清水祥貴(しみずよしたか)(同)にメンで一本勝ちした。

 ソフトテニスは男子を深澤綺翔(ふかさわあやと)・大森旭陽(おおもりあさひ)組(矢板中央)が制し、女子は佐藤美々香(さとうみみか)・一ノ瀬舞美(いちのせまみ)組(白鴎大足利)が女王に輝いた。空手道では団体形で宇都宮短大付、組手で宇都宮商がそれぞれ栄冠をつかんだ。