県内の新型コロナウイルス感染者数

県内の新型コロナウイルス感染者(26日発表)

県内の新型コロナウイルス感染者数 県内の新型コロナウイルス感染者(26日発表)

 栃木県と宇都宮市は26日、計15人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。県は同日、医療機関に入院中で重症だった患者1人が死亡したと発表した。県内の累計感染者数は5242人。死者は計71人となった。また、これまでの感染者のうち7人が変異株だったことも確認された。県公表の変異株感染者は計81人となった。

◇「コロナ」感染拡大の経過

 変異株感染は20代男性5人と30代男性1人、70代女性1人。いずれも県内在住で、変異株「N501Y」が検出された。男性6人はそれぞれ接触があり、県が詳細を調査している。変異株のクラスター(感染者集団)と認定されれば、県内初となる。

 新規感染者は10~90代の男女。居住地別では小山市3人、宇都宮市、鹿沼市、真岡市、壬生町各2人、下野市、益子町、東京都、大分県各1人だった。

 県と宇都宮市は同日、計78件検査(委託分は未集計)。累計検査件数は19万5946件、退院者5043人、入院者87人、宿泊療養者78人、自宅療養者14人、入院調整中11人、重症者は1人増えて4人となった。