5回無失点の好投を見せた北綜警の阿久津=日光運動公園野球場

 下野新聞社杯第54回選抜軟式野球大会(県野球連盟、下野新聞社主催)第4日は18日、日光運動公園野球場ほかで準々決勝1試合、準決勝2試合を行い、北関東綜合警備保障(宇都宮)と栃木銀行(同)が決勝進出を決めた。

 北綜警は準決勝でストリーム(那珂川)に8-0の七回コールドで完勝。先発右腕の阿久津慶浩(あくつよしひろ)が5回無失点の好投で流れをつくり、打っては四回の仲山勇介(なかやまゆうすけ)の適時二塁打で先制すると上位打線がつながり、相手を一気に突き放した。 

 前回覇者の栃木銀行は7-0の八回コールドで富士通那須(大田原)を退けた。金崎亮汰(かなさきりょうた)の本塁打などで着々と加点し、左腕高木悠次(たかぎゆうじ)が相手打線を完封した。

 大会最終日は24日午前9時から、矢板運動公園野球場で決勝戦を行う。