野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は24日、茨城県美浦村の光と風の丘公園野球場で茨城と対戦し1-2で逆転負けした。3連敗で通算成績は2勝1分け6敗となり、東地区最下位に転落した。

 栃木GBは六回に若松聖覇(わかまつせいは)の右越え本塁打で先制したが、その裏に先発堀越歩夢(ほりこしあゆむ)が4本の長短打を浴びて2失点、逆転を許した。

 投手陣は七、八回を2番手塩満瑛斗(しおみつえいと)、3番手田辺豪(たなべごう)がそれぞれ無失点に抑えたが、打線が相手の継投の前に得点を奪えなかった。

 次戦は25日午後1時から、矢板運動公園野球場で中地区最下位の福島と対戦する。