全国知事会オンライン会合で発言する福田知事=24日午前、県庁

 全国知事会は24日、新型コロナウイルスに関する国への緊急提言をまとめた。東京、大阪など4都府県を対象とした3度目の緊急事態宣言発令により、観光や宿泊、農林水産業など全国の幅広い事業者に深刻な影響が及ぶとして支援を要請。補正予算案の編成を検討し、大胆な経済対策を実施するよう求めた。大型連休中の都道府県境を越えた移動自粛や、ワクチンの早期確保も訴えた。近く国に提出する。

 オンラインで会合を開き、40道府県の知事が参加した。会長の飯泉嘉門(いいずみ・かもん)徳島県知事は冒頭で「感染力の強い変異株の猛威が襲ってきている。大型連休は勝負の場だ」と述べ、これまで以上に強力な対策が必要になるとの認識を示した。

 福田富一(ふくだとみかず)知事は、大都市へのワクチンの重点配分を求める動きがあることに懸念を示し「(知事会として)国にくぎを刺す必要がある」とけん制。仮に重点配分するにしても、緊急事態措置の対象などの「誰もが納得する統一的基準」が必要だと訴えた。また大型連休中の感染拡大を防ぐために、有名人を起用したテレビCMや会員制交流サイト(SNS)を活用し、大人数の会食や県境をまたぐ移動の自粛を国民に強く求めるよう要望した。