本県で最も有名な「ゆるキャラ」といえば、日本一に輝いた佐野市の「さのまる」ではないだろうか。ブームは下火になったとはいえ、郷土のPRに労を惜しまない献身ぶりは「地域に寄り添うゆるキャラ」の鏡だ▼「ゆるキャラ」は心を和ませるが、逆なでし背を向けさせるキャラクターもある。政府は東京電力福島第1原発から出る処理水の海洋放出を決定した。そこに含まれる放射性物質を表し、復興庁がウェブ公開した「トリチウム」である▼風評の払拭(ふっしょく)が目的だったという。しかし「福島が抱える現実の厳しさと感覚が、ずれている」などと批判が相次いだため、公開の中止と変更を余儀なくされた。平沢勝栄(ひらさわかつえい)復興相は「福島の方々の気持ちに寄り添って作るべきだった」と謝罪した▼復興相に限らず「被災地(者)に寄り添って」は、政府関係者が繰り返し使ってきた言葉だ。だが「トリチウムキャラ」に、その誠意は感じられない▼今回、科学的根拠が示され、国際原子力機関(IAEA)との連携なども明らかにされている。ならばこそ情報開示を徹底した上で丁寧に粘り強く説明し、対応策も含め理解を得ることが絶対に必要だ▼菅義偉(すがよしひで)首相は「できることは全部やる」と風評対策へ決意を示した。当然である。ただ今回の“ずれた感覚”を見てしまうと不安が消えない。