あしかがフラワーパークの名物大フジの見頃に合わせて、足利市観光協会と市は5月5日まで、周辺の交通渋滞緩和へ鉄道利用を呼び掛ける「パーク・アンド・トレインライド」を実施している。市内5カ所の駐車場を無料開放し、利用者に特典を用意する。

 同園は15日から、大フジのライトアップなどが楽しめるイベント「ふじのはな物語」を開催中。「うす紅藤」や「むらさき藤」は現在満開で、メインの大フジも見頃を迎えている。

 開放する駐車場は、市生涯学習センター(相生町、50台)、太平記館(伊勢町3丁目、40台)、あずま児童公園(同、30台)、鑁阿寺東側(家富町、70台)の5カ所。JR足利駅まで徒歩5~10分で到着する。あしかがフラワーパーク駅までは乗車6分、運賃200円。

 利用者を対象に、同園の割引前売り入場権を用意し、市内で使える各種クーポンも付けて太平記館で販売する。同協会は「スムーズな移動で生まれた時間で、まちなか回遊も楽しんでほしい」と話している。

 前売り券販売は午前9時~午後5時。料金は大人1700円、子供800円。5月2~5日は当日入園料から大人100円、子供50円割引く。(問)同協会0284・43・3000。