景観賞に4建物と2団体 まちの魅力に寄与

 【佐野】市内の魅力的なまちなみ形成に寄与する建物や団体を市が表彰する第5回「市水と緑と万葉のまち景観賞」がこのほど決まった。「まちなみ建築部門」4件と「まちづくり活動部門」2件が受賞した。

 市内の魅力的な街並みをつくり出している建築物や工作物、美しい景観づくりに携わる団体や個人を対象に、2013年から表彰している。

 建築部門は、住宅街に調和するシンプルな外観の「認定こども園 犬伏幼稚園」(犬伏下町)、アーティスティックなデザインの美容室「アクセルエルヴェ佐野店」(高萩町)、自然素材の採用と落ち着いた色使いの一般住宅「梅園の家」(梅園町)、既存住宅との一体感のある設計事務所「岳設計工房」(堀米町)が選ばれた。

 まちづくり活動部門は、小中町の「田中正造(たなかしょうぞう)旧宅の保存整備と周辺の景観保全活動」と、仙波町の「彼岸花の里づくり」。