9回、同点の2点本塁打を浴びて肩を落とす栃木GBの手塚=小山運動公園野球場

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は23日、小山運動公園野球場で埼玉と対戦し、4-6で逆転負けした。2連敗で通算2勝1分け5敗、順位は東地区3位のまま。

 栃木GBは2点を追う三回に新山進也(にいやましんや)、四回に長南有航(ちょうなんゆうこう)がソロ本塁打を放って同点。2-2で迎えた七回は長南と佐々木斗夢(ささきとむ)の2連続適時二塁打で2点の勝ち越しに成功した。

 しかし、九回に5番手で登板した手塚俊二(てづかしゅんじ)が1死から四球を与え、次打者に2点本塁打を浴びて同点。さらに適時三塁打を浴び、一挙4点を失って逆転された。先発の村中恭兵(むらなかきょうへい)は6回5安打2失点だった。

 次戦は24日午後1時から、茨城県美浦村の光と風の丘公園野球場で茨城と対戦する。