大嶋一生(おおしまかずお)市長の死去に伴い5月16日告示、同23日投開票で行われる日光市長選で、自民党の同市内五つの支部は23日、推薦候補者を元副市長阿部哲夫(あべてつお)氏(71)に一本化することを決めた。

 同党日光支部が党員を対象に同日締め切りで実施した投票の結果、阿部氏が選ばれた。今市など他の4支部は同日までに、阿部氏を推薦候補者に決めていた。阿部氏は、新人4人の激戦となった前回2018年の市長選に同党推薦で立候補し、大嶋氏に15票の僅差で敗れている。

 市長選には既に、市議の粉川昭一(こなかわしょういち)氏(57)が立候補の意向を示しており、選挙戦になる公算が大きい。