安全運転意識の向上に向けた啓発CMの撮影を行うスタッフたち=23日午前、宇都宮市内

 信号機のない横断歩道での一時停止率などを高めようと、県警と県交通安全協会が「止まってくれない栃木県からの脱却」を目指す第3弾CMを作製している。撮影が23日、宇都宮市内で行われた。第1、2弾に出演したカップルの間にできた女の子が登場する設定だ。

 CMはカップルが結婚したストーリーで、小さな長女と父親が家で遊ぶ場面から始まる。画用紙に書いた横断歩道を長女が持つ人形が渡ろうとすると、父親の持つおもちゃの車が一時停止せずに走り去る。すかざず長女が「横断歩道は歩行者優先だよ」と注意する内容だ。