第74回春季県高校野球大会兼第73回春季関東地区大会県予選は24日、県営球場、清原球場、栃木市のとちぎ木の花スタジアムの3会場で開幕。地区予選を突破した27校が5月5日までの延べ7日間、関東大会出場2枠を懸けて熱戦を繰り広げる。

◆栃木県高校野球特集

 昨春は新型コロナウイルス禍で中止となったため2年ぶりの開催。試合は全日程で各球場とも入場制限を設けた上で、一般を含む有観客で実施する。開会式は行わない。

 初日は昨秋県大会優勝の国学院栃木と同4強の作新学院が登場。国学院栃木は午前9時から大田原、作新学院は午前11時半から矢板中央と、いずれも県営球場で対戦する。決勝は5月5日午前10時から清原球場で行われる。