寄贈したキリシマツツジを見上げる谷田部さん(右)と、谷中理事長

 【茂木】小貫、谷田部信伊(やたべのぶい)さん(83)が小山の「樹の花自然園 花の山」に寄贈したツツジ類約300本が、開花期を迎えた。谷田部さんが自宅で栽培してきたツツジが同園に一層の彩りを添えている。

 寄贈したのはキリシマツツジ約250本、ミツバツツジ30本など。自宅の畑で栽培していたが、「皆に見てもらいたい」と寄贈することを決めた。先月下旬、同園が町シルバー人材センターの手を借り、2日間かけて延べ40人で掘り出し、園内に移植した。