県内の新型コロナイウイルス感染者数

県内の新型コロナウイルス感染者(23日発表)

県内の新型コロナイウイルス感染者数 県内の新型コロナウイルス感染者(23日発表)

 栃木県と宇都宮市は23日、新たに計23人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。上三川町の医療機関で県内54例目となるクラスター(感染者集団)が発生し、計8人の感染が確認された。県内の累計感染者数は5173人。県は同日、これまでに確認された感染者のうち8人が変異株だったと発表した。県が公表している変異株感染は計62人となった。

◇「コロナ」感染拡大の経過

 上三川町の医療機関では21~23日に患者3人、職員5人の感染が確認された。

 23日現在で190人の患者が入院、506人の職員が勤務しており、二つの病棟で患者が感染した。院内の感染対策不足が原因の一つとみられるという。同日までに患者と職員計282人を検査した。

 宇都宮市の飲食店で発生した53例目のクラスターでは新たに利用者2人が陽性となり、計7人となった。

 変異株が確認されたのは20~70代の男女で、いずれも変異株「N501Y」が検出された。8人のうち4人は他の変異株接触者との接触があった。

 新規感染者は10歳未満~70代の男女で、いずれも重症化していない。居住地別では小山市4人、宇都宮市、真岡市、足利市各3人、那須町2人、鹿沼市、栃木市、下野市、佐野市、市貝町、上三川町、那珂川町、県外各1人。

 県と宇都宮市は23日、計84件検査(委託分は未集計)。累計検査件数は19万4654件、退院者4983人、入院者96人、宿泊療養者56人、自宅療養者9人、入院調整中29人、重症者4人。