11日投開票の大分県佐伯市長選を巡り、県警捜査2課は23日、告示前に市職員に選挙運動したとして、公選法違反(事前運動、公務員の地位利用)の疑いで、副市長の菅隆久容疑者(61)を逮捕した。

 逮捕容疑は3月中旬ごろ、市役所内で、指揮監督下にある市職員に立候補予定者への投票の呼び掛けと集票を依頼した疑い。県警は菅容疑者の認否や、候補者名を明らかにしていない。

 4人の争いとなった佐伯市長選は現職田中利明氏(69)が再選した。田中市長は「大変驚いている。警察の捜査に全面的に協力し、捜査の状況を見守りたい」とのコメントを出した。